2008年11月15日

プロカウンセラーの聞く技術 倍速版

プロカウンセラーの聞く技術 倍速版

    皆様のリクエストにお応えして、遂に「プロカウンセラーの聞く技術 」の倍速版が登場しました!今回、テスト的に配信を開始致しましたので、ご要望が強いようでしたら、継続して更新して参りたいと思います。30万部のベストセラー! 「沈黙は金、雄弁は銀」 みんなが話す中で聞き上手になりませんか?あなたは、「聞く」ことについて、どのように考えているでしょうか?「沈黙は金、雄弁は銀」「一度語る前に二度聞け」など、昔から話すことよりも聞くことの大切さが強調されます。私たちは、「しゃべりすぎた」という反省はしても「聞きすぎた」という反省はほとんどしません。「聞く」とは、ただ耳を傾けるだけではありません。「聞く」には理解が必要であり、「話す」より膨大な努力を要すると著者は言います。人間関係は相互理解から成り立っています。私たちは相手のことが気にかかったり、相手と付き合う必要がある時に、まず相手を知りたいと思います。相手を知るために情報をいろいろと集め、最終的には直接会って話します。会って話したとき、相手のことを知りたければ「聞く」ことが必要です。「聞く」ことは理解することです。嘘のない人間関係、信頼できる人間関係を築くためには相手の話を聞いて、理解することが必要なのです。この本では、臨床心理士として活躍する著者の、実際のカウンセリングでの会話を掲載しています。読者は「さて、あなたならどう答えますか?」と尋ねられながら、自分の反応や態度を考え、より良い「聞く態度」を学びます。専門用語はほとんど使われていない平易な言葉で、「聞き上手」になるための極意を分かりやすく解説してくれる本です。書籍を購入したい方はこちら※通常版をご購入の方も、別途課金対象となりますので、あらかじめご了承ください。

    >>サンプルを視聴する

    posted by ありがと at 07:07| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ちるちる・みちる

    ちるちる・みちる

    • 著者:山村暮鳥
    • 価格:500円(税込)
    • 時間:1時間28分25秒
    • 容量:80.9MB (分割版:40.3MB〜40.6MB)
    • 製作元:パンローリング
    • 出版社:青空文庫
    • 出版日:2008年6月
    • ナレーター:斉藤範子

    信仰に生き、病と貧困に苦しんだ暮鳥が、逆境の中で切りひらいた新しい童話文学のはじまり。1920(大正9)年、洛陽堂より刊行。多くの童話を書いた暮鳥の、最初の童話集である。信仰に生き、病と貧困に苦しんだ暮鳥が、逆境の中で切りひらいた新しい童話文学のはじまりと言えよう。「自序」によれば、暮鳥がその愛娘・玲子に、寝床で語り聞かせたお伽噺がもとになっているという。キリスト教精神にみちた、美しくも悲しい物語、大人も考えさせられる寓話を集めた、珠玉の童話集。(C)青空文庫

    >>サンプルを視聴する

    posted by ありがと at 07:07| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    2008年11月14日

    生き方―人間として一番大切なこと 倍速版

    生き方―人間として一番大切なこと 倍速版

      皆様のリクエストにお応えして、遂に「生き方―人間として一番大切なこと」の倍速版が登場しました!今回、テスト的に配信を開始致しましたので、ご要望が強いようでしたら、継続して更新して参りたいと思います。世界的企業である「京セラ」、そして「KDDI」の創業者である稲盛和夫氏。その稲盛氏の語る人生哲学は、老若男女を問わず多くの人の心を打ちます。そのエッセンスを凝縮した一冊がこの『生き方』です。お手軽な自己啓発ではなく、稲盛氏はあくまで誠実に、正面からこの命題に挑みます。現在は、混迷を極めている時代とも捉えられます。人々が何を目標に生きていくのかわからず、行き場をなくしている時代。日本で暮らす上では食料の確保はでき、生活も安定している。自由も手に入れ、どこにでも行くことができる。そんな人たちでも、やりたいことが見つからず、世間をさまよい、中には犯罪に手を染めてしまうものも出てきています。そんな時代に打ちたてる「生き方」という杭。「人間は何のために生きるのか」という根本的な問いに向き合い、哲学を持つことで、大きな夢をかなえること、そして確かな人生を歩むことへの道筋を描き出します。※通常版をご購入の方も、別途課金対象となりますので、あらかじめご了承ください。

      >>サンプルを視聴する

      posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

      2008年11月13日

      史上最高のセミナー 倍速版

      史上最高のセミナー 倍速版

        皆様のリクエストにお応えして、遂に「史上最高のセミナー」の倍速版が登場しました!今回、テスト的に配信を開始致しましたので、ご要望が強いようでしたら、継続して更新して参りたいと思います。世界でもっとも有名な自己啓発ラジオ番組の司会者マイクと、ジム・ローンやロバート・アレンら各界の成功者たち9名との対話が、この本には納められています。それだけでまず、一粒で9粒おいしい、9つの出会いが約束されています。ですが、セミナーという性格をもつこの本は、やはり耳で聴くことこそふさわしい。ゆるやかなテンポで、じっくりと語りかけるような声が、9粒の出会いをきちんと整理して伝えてくれています。本書をじっくり味わうもよし、本書から見聞を広めるもよし。成功者の世界への道しるべとしていかがでしょうか。※通常版をご購入の方も、別途課金対象となりますので、あらかじめご了承ください。

        >>サンプルを視聴する

        posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

        「別冊・中谷彰宏」――「別ナカ」Vol.5 「ハンガーにきれいにかける男が、モテる。」――女性がほっておかない男性のマナー術

        「別冊・中谷彰宏」――「別ナカ」Vol.5 「ハンガーにきれいにかける男が、モテる。」――女性がほっておかない男性のマナー術

        • 著者:中谷彰宏
        • 価格:5000円(税込)
        • 時間:1時間06分06秒
        • 容量:60.5MB
        • 製作元:リブラ・エージェンシー
        • 出版社:リブラ・エージェンシー
        • 出版日:2007年9月
        • ナレーター:中谷彰宏

        流行よりも「マナー」を大切にすることが「モテ」への道。中谷流モテの技術!モテる男は何が決め手なのでしょうか? 顔? しぐさ? 性格?――いえいえ、大切なのは「マナー」です。某CMの「大人のマナー」なんて、まだまだ初級! 女はあなたのあんなところやこんなしぐさ、そして自分自身では見落としがちな○○までもしっかり見てるんです。「別ナカ」5で、中谷流・モテる男のマナーを身につけましょう。今回も、中谷さんの爆笑トーク満載です!

        >>サンプルを視聴する

        posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

        2008年11月12日

        「月刊・中谷彰宏」――「月ナカ」Vol.5 「手のひらを、書斎にしよう。」――人生が楽しくなる勉強術

        「月刊・中谷彰宏」――「月ナカ」Vol.5 「手のひらを、書斎にしよう。」――人生が楽しくなる勉強術

        • 著者:中谷彰宏
        • 価格:5000円(税込)
        • 時間:1時間05分12秒
        • 容量:59.7MB
        • 製作元:リブラ・エージェンシー
        • 出版社:リブラ・エージェンシー
        • 出版日:2007年8月
        • ナレーター:中谷彰宏

        鏡よりも携帯よりも、本を持ち歩きましょう。知性をアップさせる勉強法!今回のテーマは「リッチマインドになれる」勉強法。中谷さんがオススメする「知性」と「チャンス」を手に入れるためのお出かけ時の必須アイテムや、勉強のコツを伝授します。中谷流・勉強術で、あなたの知性もヴァージョンアップ! ちょっとした勉強で、人生ってこんなにも豊かになるんです!

        >>サンプルを視聴する

        posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

        若き商人への手紙 倍速版

        若き商人への手紙 倍速版

          皆様のリクエストにお応えして、遂に「若き商人への手紙」の倍速版が登場しました!今回、テスト的に配信を開始致しましたので、ご要望が強いようでしたら、継続して更新して参りたいと思います。「アメリカの建国の父」と言われる、ベンジャミンフランクリンの書。彼はアメリカ独立宣言やアメリカ合衆国憲法制定で中心的な役割を果たしたことで有名ですが、同時に資本主義の育ての親でもあったのです。この本は、「若き商人への手紙」と「富への道」の訳と解説からできており、ビジネスにおける成功哲学について書いたもの。『バビロンの大富豪』や『金持ち父さん貧乏父さん』など富と成功と幸福を手に入れるための本は、すべてフランクリンの影響を受けていたとも言われている名著。※通常版をご購入の方も、別途課金対象となりますので、あらかじめご了承ください。

          >>サンプルを視聴する

          posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

          2008年11月10日

          無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 倍速版

          無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 倍速版

            皆様のリクエストにお応えして、遂に「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」の倍速版が登場しました!今回、テスト的に配信を開始致しましたので、ご要望が強いようでしたら、継続して更新して参りたいと思います。気力や根性だけで、勉強を続けるのは難しい。だから、勉強が無理なく続く仕組みを作ることが大切だと著者は言います。著者の勝間さんは、現在経済評論家として活躍されている方で、3人の子どもを育てながら年収を16年間で新卒時の10倍とした方です。努力に頼らず、誰でも出来るため、とにかくやる気になる、やれそうな気がする、勉強法です。また、FeBeスペシャルコンテンツとして冒頭部分に著者の勝間さんご本人から、皆様へ特別メッセージが入っています。是非お楽しみください! ※本コンテンツはChabo!(チャボ)に登録されています。Chabo!とは、Charity Book Program( チャリティ・ブック・プログラム )のことで、心ある著者たちの厚意により実現した印税寄付プログラムです。 Chabo!に登録されているオーディオブックが売れると、そのオーディオブックの著者の印税の20%が 世界中の難民・被災民の教育支援、自立支援に使われます。詳しくはこちらでご確認ください。※通常版をご購入の方も、別途課金対象となりますので、あらかじめご了承ください。

            >>サンプルを視聴する

            posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

            2008年11月09日

            ニュース英語パワーボキャビル4000語

            ニュース英語パワーボキャビル4000語

            • 著者:小林敏彦
            • 価格:1575円(税込)
            • 時間:2時間14分51秒
            • 容量:123.5MB (分割版:55.9MB〜67.5MB)
            • 製作元:語研
            • 出版社:語研
            • ナレーター:Chris Koprowski/April Perkinson

            関連語をネットワーク化!時事英語に必須のボキャブラリーを効率的に学習できます。語研の語学テキスト『ニュース英語パワーボキャビル4000語』(ISBN978-4-87615-417-3)の別売音声教材(ダウンロード版)です。テキスト(別売)の「世界のメディアから」収録の例文(英語のみ)と「重要語彙ネットワーク」収録の見出し語(太字/英語のみ)が、米国人ネイティブ・スピーカーによって自然な速さで吹き込まれています。テキストとの併用によって、あなたの英語力向上をお手伝いいたします。<ご注意>音声以外のデータは収録されておりません。

            >>サンプルを視聴する

            posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

            井田由美で聴く「十二月八日」 ラジオ日本聴く図書室シリーズ第4弾

            井田由美で聴く「十二月八日」 ラジオ日本聴く図書室シリーズ第4弾

            • 著者:太宰治
            • 価格:500円(税込)
            • 時間:27分23秒
            • 容量:25.1MB
            • 製作元:ラジオ日本
            • 出版日:2008年10月
            • ナレーター:井田由美(日本テレビ)

            太宰治が妻の目線で記していた、太平洋戦争開戦の日のできごと。ラジオ日本・聴く図書室第四弾は、太宰治の「十二月八日」。時は昭和16年12月8日、日本が太平洋戦争に突入した日だ。 『きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう。昭和十六年の十二月八日には日本のまずしい家庭の主婦は、どんな一日を送ったか、ちょっと書いて置きましょう。もう百年ほど経って・・・私の此(こ)の日記帳が、どこかの土蔵の隅から発見せられて、百年前の大事な日に、わが日本の主婦が、こんな生活をしていたという事がわかったら、すこしは歴史の参考になるかも知れない。だから文章はたいへん下手(へた)でも、嘘だけは書かないように気を附ける事だ・・・』 太宰は、開戦という特別な日、東京の平凡な家庭の主婦はどの様に暮らし、何をいくらで買い、どんなものを食べ、そして開戦のことをどう受け止めたのか、当時のメディアがどこも記録しなかった『生き生きとした1日』を、『妻の目線』で見事に記録していた・・・その発想力に脱帽です。(c)ラジオ日本

            >>サンプルを視聴する

            posted by ありがと at 07:06| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

            広告


            この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

            以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

            ・記事の投稿、編集をおこなう
            ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


            ×

            この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。