2008年12月05日

サンショウウオの明るい禅

サンショウウオの明るい禅

  • 著者:玄侑宗久
  • 価格:1470円(税込)
  • 時間:4時間33分17秒
  • 容量:250.2MB (分割版:9.9MB〜63.4MB)
  • 製作元:オトバンク
  • 出版社:海竜社
  • 出版日:2005年4月
  • ナレーター:渡辺博之

芥川賞作家でもある著者の、禅的生活のエッセイ集。独特の視点で語られる「禅の世界」を味わってみませんか?この本は、臨済宗妙心寺派福聚寺の副住職であり、芥川賞作家でもある玄侑和尚が雑誌・新聞等に掲載した短いエッセイをまとめたものです。以前訪れた動物園の水槽で、ヌボーッと佇んでいたサンショウウオ。その何をするでもないが、仄かな明るさを纏った彼(彼女?)の姿と、「八風吹けど動ぜず」という禅の言葉が、和尚の中でリンクしたのです。それ以来、和尚の中にはある種憧れのようなサンショウウオが一匹住み始めました。もうひとつ禅の言葉で、「放下(ほうげ)」というものがあります。一瞬ごとに「今」という一瞬が死に、新しく次の「今」という一瞬がやってくる。悲しみや怒りの時間を捨て、新たに展開した笑顔の時間を人は生きるのです。和尚は、「新しい一瞬一瞬を重ね塗りせず生きていくから、いつまでたってもその色合いは鮮やかであり、明るい」と説きます。自分だけのサンショウウオを飼いながら、人生をゆらり、どっしり、たまにはテキパキと、鼻歌でも歌いながら明るい人生を過ごしましょう。

>>サンプルを視聴する

posted by ありがと at 07:10| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。