2008年11月27日

社会人として「聞く力・話す力」の高め方

社会人として「聞く力・話す力」の高め方

  • 著者:高梨敬一郎
  • 価格:1300円(税込)
  • 時間:4時間22分07秒
  • 容量:240.0MB (分割版:45.5MB〜49.8MB)
  • 製作元:パンローリング
  • 出版社:こう書房
  • 出版日:2008年4月
  • ナレーター:佐々木健

日常会話ではなく、ビジネスで必要な会話術を教えます。新社会人にぴったりの無理のない方法です。パブリックスピーキングに必要な「会話4力」とは「論理力」「表現力」「理解力」「対応力」の4つの力です。改まった場で話すことを、パブリックスピーキングといいます。こういう場では、日常のおしゃべりとは違う話し方で話さなければなりません。パブリックスピーキングを整理してみますと、次のようになります。「1:少し改まった場で、2:限られた時間のなかで、3:1つのテーマにしぼって、4:整理された内容を、5:聴き手に正しく伝わるように話すこと」となります。漫然と話していてできることではありません。訓練が必要なのです。論理力、表現力、理解力、対応力が連関し合い、お互いを高め合っていくのが、すばらしい会話といえるのではないでしょうか。 ※本商品は「社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方」(こう書房刊 高梨敬一郎著 ISBN:4-7696-0803-9 224頁 1,260円(税込))をオーディオ化したものです。 (C)K.Takanashi 2003

>>サンプルを視聴する

posted by ありがと at 07:09| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。