2008年12月04日

ラジオ日本アーカイブス「山本夏彦 沈黙のコラム 22 1998年5月」〜バカにせずには生きられぬ〜

ラジオ日本アーカイブス「山本夏彦 沈黙のコラム 22 1998年5月」〜バカにせずには生きられぬ〜

  • 著者:山本夏彦
  • 価格:600円(税込)
  • 時間:1時間13分07秒
  • 容量:66.9MB
  • 製作元:ラジオ日本
  • 出版日:2008年11月
  • ナレーター:矢島正明

奔放に自らを貫き激動の時代を切った稀代のコラムニスト、山本夏彦がオーディオブックで蘇る!今「コラムの名人」がオーディオブック「山本夏彦 沈黙のコラム」で甦ります。稀代のコラムニスト山本夏彦。 没後6年、人間への鋭い観察と洞察力を駆使して綴られる毒舌と、失われつつある伝統への愛惜の文には、今なお根強いファンが存在し、本も売れ続けています。その山本夏彦が自ら週刊新潮に連載した「夏彦の写真コラム」に、彼自身が大幅な加筆修正を加え1996年からの10年間 ラジオ日本の朝の番組として放送された「夏彦のラジオコラム」。稀代の名ナレーター矢島正明の語りによるこのコラボレーションは単なるラジオ番組を超越し二人の職人によって作り上げられ、渋い輝きを放つ銀細工のようです。オーディオブック「山本夏彦 沈黙のコラム」は、この「夏彦のラジオコラム」を再構成したものです。時を経てもまったく色あせない、通念にとらわれない批評眼と、歯に衣着せぬ小気味よい文体を独特のナレーションのリズムで贈る「山本夏彦 沈黙のコラム」。珠玉のエッセンスをじっくりとお楽しみください。

>>サンプルを視聴する

posted by ありがと at 07:09| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

なぜ、「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

  • 著者:吉田典生
  • 価格:1470円(税込)
  • 時間:6時間26分52秒
  • 容量:354.2MB (分割版:7.1MB〜67.7MB)
  • 製作元:オトバンク
  • 出版社:日本実業出版社
  • 出版日:2005年12月
  • ナレーター:西村不二人

部下をうまく育成できずに、悩んでいる「できる人」必聴!「対話と共感」で、「育てる技術」が身に付きます。名選手が必ずしも名監督とはならないように、有能な人材が管理職になったとたんに輝きを失ってしまうことがあります。「できる人」が「できる人」を育てられないのはなぜなのか? そこにはいくつもの意識的、無意識的な要素が存在しています。すぐに正解を与えてしまうことで、部下が無力化してしまう。自身にスピードがあるので、じっくり考える部下を追い込んでしまう。など・・・その原因を見直し、「できる人」を上手に育てられる人になりましょう。

>>サンプルを視聴する

posted by ありがと at 07:09| 25501-26000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。